此処に立った瞬間、日本に居ることを忘れてしまいそうな・・感覚を
覚えました。