« 松花堂弁当〜皐月〜 | トップページ | 北鎌倉紀行・2 〜健長寺 »

2012年5月26日 (土)

里芋の揚げもち。

里芋の揚げもち。
茹でて磨り潰した里芋に小麦粉を混ぜて、素揚げした里芋の揚げもち。


すり鉢でねっとりと磨った胡麻あんをかけた、おやつです♪


その昔、禅寺では料理は高僧にしか許されなかった時代、殺生した命を再生する神聖な行為とされていたそうです。


禅僧によって創りあげられた精進料理は食材を無駄にしない事。季節の物を感謝いただく事。料理は慈愛の心で、、などの料理に携わる物の心構えが説かれたそうです。


そして遠くの物を食べたがるのは人間の我儘とも言われたそう。


その心に触れて今、日本料理の一部である、精進料理を、歴史に触れながら、学んでいます♪

|

« 松花堂弁当〜皐月〜 | トップページ | 北鎌倉紀行・2 〜健長寺 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里芋の揚げもち。:

« 松花堂弁当〜皐月〜 | トップページ | 北鎌倉紀行・2 〜健長寺 »