« 海はこころ。 | トップページ | 川辺の小路。 »

2012年4月26日 (木)

宮沢賢治〜詩と絵の宇宙〜アメニモマケズの心

宮沢賢治〜詩と絵の宇宙〜アメニモマケズの心
久しぶりに宮沢賢治の理想郷〜イーハートーブに触れて、私の魂は幸せ一杯のワクワク感、キラキラ感に包まれました☆


おお、朋よ。

一緒に創造しよう〜。


賢治が残した生前のメッセージに触れて、私の父がつけてくれた名前が朋美なので、魂が揺さ振られました。


美しい朋に恵まれて、美しい人になるように。と父の願いを感じました。


子供の頃、母からは自然の草花や生き物への愛情を教わりました。三つ子の魂の教育だったんだと、今、それが良く分かります。


私をおんぶして、早朝から大きな家の掃除、洗濯、食事の仕度に勤しむ、母の姿が今も心に焼き付いています。


父からは、自然と科学の共通性や、絵画や音楽に親しむ事を教わりました。


私にとって大切な根源への感性を幼児期に培ってくれたのは両親だったのだと思います。


賢治の最後の手紙は泣けました。


今まで大変お世話になり、ご心配ご迷惑をおかけしながら、何のお役にもたてず、、、このわがまま者をお許し下さい。と妹さんにあてた手紙。


このご恩は、返し切れず、ご心配ご迷惑ばかりをおかけし、申し訳ありません。
次の生で出来なかったら、その次の生で必ずお返しいたします。

とご両親に書かれた手紙。確かこんな感じだったと記憶しています。


心が洗われました。

|
|

« 海はこころ。 | トップページ | 川辺の小路。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157529/45031395

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治〜詩と絵の宇宙〜アメニモマケズの心:

« 海はこころ。 | トップページ | 川辺の小路。 »