« 小松菜のスープ〜自分を見つめる | トップページ | 玄米と人参のポタージュ☆〜自覚するということ。 »

2011年12月 3日 (土)

石狩漬け〜命をいただくということ。

石狩漬け〜命をいただくということ。
鮭の切り身と塩麹、残り野菜を使って、北海道の郷土料理、〜石狩漬け〜を作りました♪

今までは、食材を無駄にするのは勿体ないとの思いから、様々な創作料理を作ってきました。

これからは素材を良く見極めることも大切ですが、素材の命を感じてお料理が出来るようになって行きたいと思います。

産地や栽培法、栄養価や調理法は今、世の中の動きとして皆が気に掛けるようになってきていると思います。

そこから、一歩踏み込んで、作った人の労力、土壌や天候の状態、素材そのものの命と一緒に、自然の恵みや、人の思いも一緒に頂くなら、それを扱う料理人はどんな気持ちで料理をしてゆくか、そこが大切なのだと思いました。

諸々の命を大切に思い、食べる人を思い、その中間にいるのがいわば、料理する人なのだと。

そして、それを身に染ませてゆくように、これからは料理してゆきたい。

|

« 小松菜のスープ〜自分を見つめる | トップページ | 玄米と人参のポタージュ☆〜自覚するということ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石狩漬け〜命をいただくということ。:

« 小松菜のスープ〜自分を見つめる | トップページ | 玄米と人参のポタージュ☆〜自覚するということ。 »